ダートには金が埋まっている

競馬場に初めて行ったのはダンスインザダークの菊花賞。そこから競馬にはまり、タイム~ラップ~外厩~指数~調教~血統を活用。最終的に京都1800ダートで育ったといっていい私はダートに特化するようになりました。一番好物なのは今では中山1800ダートですが、年間通してダートを攻略して行きます。地方競馬も、南関東を中心に特化していけたらと思っています。それらのダートに埋まった金を掘り起こして、幸せになれるように頑張ります!

優駿牝馬 予想 ◎アートハウス 音速の貴公子の走りを府中で魅せる

ヴィクトリアマイルは、ローザノワールがあれだけ残る後傾ラップ

さすがにソダシで33.2で上がられたら差せない

アルテミスステークスを見ているようでした

 

[戦国オークス]

桜花賞が大接戦だったので、混戦模様

そこに各トライアルを経た馬達が集結

桜花賞 スターズオンアース  1:32.9-33.5

阪神牝馬組がヴィクトリアマイルで結果が出ず

アーリントンカップ ダノンスコーピオン 1:32.7-33.6

NHKマイルを勝ってくれたのでなんとかレベル保証

上がりが速い馬を評価したいですね

 

サークルオブライフ 1:33.0-33.3 エピファネイア

1週前、Wで好時計

今回は輸送なし

ピンハイ 1:33.0- 33.4 ミッキーアイル+ジャングルポケット

1週前、Wでまずまず

小柄な馬なので輸送次第

ベルクレスタ 1:33.1-33.5 ドゥラメンテ

1週前、Wで好時計

ソダシに続くか

3頭共に2戦してここ出走、上位を目指す

 

[トライアル]

フローラステークス エリカヴィータ 2:00.4-34.0

桜花賞で善戦したパーソナルハイを退けている

府中ステークス バジオウ 1:58.1-34.9

このレース並みに走った馬

ユーバーレーベン、ウインマリリン、チェッキーノ

厳しいかも

 

スイートピーステークス 

②着コントディヴェールは抽選1/4

 

フラワーカップ スタニングローズ 1:48.5-35.0 良

スプリングステークス ビーアストニッシド 1:48.4-35.3 稍

セイウンハーデスをこぶし賞で撃破

デイリー杯も今思えばレベルは高い

3歳になって成長している可能性も

1週前、坂路で好時計 

ソダシの逆配合、母の母ローズバドの無念を晴らす

 

[ラジオたんぱ杯3歳ステークス]

忘れな草賞 アートハウス 2:00.3-34.0 

ラジオたんぱ杯3歳ステークス アグネスタキオン 2:00.8-34.1

2020年の馬場なので、比較は難しいです

幻の3冠馬、このレースでクロフネジャングルポケットを負かした衝撃

レースを見比べるとよく似た走り、

12.3 - 12.0 - 11.7 - 11.6 - 11.1 大好物の加速ラップ、期待しかない

パールコード秋華賞②着馬、

そしてスクリーンヒーロー、距離は合う

忘れな草賞桜花賞と同日、

ラヴズオンリーユー、ミッキークイーンが優勝

1週前、Wでラスト猛時計

アグネスタキオンが走れなかった府中でどんな走りをするか、

同じ栗毛、楽しみです

天皇賞(春) 追記

枠順にて一気に混戦模様に

⑱ディープボンド 複 1.3 - 1.5 和田

⑯タイトルホルダー 複 2.2 - 3.1 和生

①アイアンバローズ  複 2.1 - 3.0 橋脩

⑦テーオーロイヤル 複 2.7 - 3.9 菱田

マカオンドール 複 2.5 - 3.5 松山

 

[馬場]

ここに天気、週中の雨で土曜は重馬場スタートも

良まで回復、時計もまずまず、内有利なイメージ

見た目にフカフカしていてそんなに悪くない馬場に見える

 

6R

1勝クラス:2,000m

⑦ケルンキングダム 2:01.2-11.9 - 11.6 - 11.6 - 11.9 - 12.5

小頭数も、2着も2番手の馬で決着

 

9R

矢車賞:2,200ⅿ

②ワーフデール  2:12.3-11.7 - 11.8 - 11.4 - 11.7 - 12.4

内で溜めて差しきり、2・3着逃げ・先行馬

 

10R

芦屋川ステークス:1,200ⅿ

②カリボール  1:08.0-11.3 - 11.3 - 11.9

内で溜めて差しきり、2・3着が内の先行馬

④スンリ 1:08.3-34.5

3月5日 1:08.5

今週芝を刈っている分、馬場が速い

内有利は基本で、使い込まれてラストがかかる分差しも来る

明日の雨も午前中に少し降る程度なので、

開幕週並み + 少し水分程度を想定します

 

[評価]

⑱ディープボンド

ドラゴンのファンなのでひいき目です

状態は去年よりよさそう、去年は阪神大賞典が激走で追い切り軽め

今年はムチの回数を数えてましたが、メイチではなかった

⑱番は不利ですし、去年のように外々ではきついが、

なんとか勝負に持ってきてほしい

 

⑯タイトルホルダー

こちらも外は不利ですが、ハナさえ切れれば馬場は味方する

展開面がきつい、息を入れられないかも

アイアンバローズも色気を持って臨んでくる

しっかりステップを勝ち切って来る菊花賞馬押し切れるか

 

⑦テーオーロイヤル

重馬場ならマカオンドールに逆転されるかと、

何とかいい馬場でやれそう

枠順は先行する人気馬をみながらいける絶好枠、

後は通用するか

 

①アイアンバローズ

ビートブラック再びか

長距離で開花、スローながら後半スパートで味のある競馬

枠だけなら前走の逆転はある

 

マカオンドール

前回が急仕上げだったので上積みも見込める

重馬場までいけば評価が上げる予定でした

内で溜められるいい枠ですが、前走のような位置ではきつい

 

天皇賞(春) ◎テーオーロイヤル 新星、春の盾を勝ち取る

今年のGⅠは、トラックバイアスの影響が大きすぎる

皐月賞は完全に外差し馬場で、当日本命を変更せざるを得ない状況

新聞を5枠と6枠の間で切りました

今のところ、天気予報は皐月賞と同じく週中の雨の影響が懸念されます

阪神競馬場での開催なので、タフな競馬になるか

 

[2強対決]

ディープボンド VS タイトルホルダー の様相

2頭ともに積極的に先行するタイプなだけに、つぶし合う可能性あり

昨年の天皇賞は、

前半59.8-61.5-12.1-後半61.3 3.14.7

道中に13秒台が1度だけのきついラップで、最後13.0で踏ん張るレース

有馬記念で②着するだけの底力あり

 

対する菊花賞は、

前半60.0-65.4-後半59.2 3.04.6

中盤に13・14秒台で緩め、後半4F46.8で締める

中距離のようなレース

距離は違えど、比較すると道中が緩まないと足が残らない可能性

ディープボンドにはガッチリマークで進めてほしい

 

もう1頭先行しそうなのが、阪神大賞典で②着した、

アイアンバローズ

前半63.1-62.9-後半59.0 3.05.0

ステーヤーズステークス同様に、前半がゆっくり

この馬はそこからロングスパートするタイプ

 

ディープボンドはいつもよりは後ろだったので、届かないかと

やはりキレないので、上がりがかかるレースに持ち込む必要がある

そうすれば有馬記念のように超一流の馬と同じ上がりで走れる

昨年の阪神大賞典のようなレースを名手に期待したい

 

[5連勝なるか]

テーオーロイヤル

リオンディーズ+マンハッタンカフェ

朝日杯の勝ち馬で、早くに引退

距離適性が分からず、エピファネイア菊花賞ジャパンカップ

サートゥルナーリアが皐月賞ホープフルステークス

キングカメハメハなので2000~2400ⅿくらいか

母系のマンハッタンカフェが後押し

 

ダイヤモンドステークス

前半61.6-63.3-12.7-12.6-後半59.9 3.30.1-34.8

中盤で緩んで、後半勝負、天皇賞(春)のラップ

残り1000ⅿから 12.2 - 12.2 - 11.4 - 11.9 - 12.2

坂の手前でしっかりキレて、最後は流す走り

55㎏から3㎏増になりますがこの走りなら

グローリーヴェイズが同じように4歳、日経新春杯55㎏から連対

 

ダイヤモンドステークスから馬券にからんだのは、

フェイムゲームしかいない

この天皇賞(春)もトラックバイアスがきつかった

前日に水をまいた疑惑、そして天皇賞(春)走らないゴールドシップ激走

馬連おいしかった記憶がよみがえる

2015 ゴールドシップ

前半60.9-62.1-12.5-後半59.0 3.14.7

この時、フェイムゲームは5歳

 

4歳時、ダイヤモンドステークス 3:30.2-35.8

テーオーロイヤルと並びます

2014 天皇賞(春) 

ゴールドシップと追い込むも⑥着

前半61.0-62.5-12.9-後半58.8 3.15.1

フェノーメノウインバリアシオンキズナ、強敵揃い

高速馬場で、外を後ろからでは間に合わなかった

今年も京都ではなく、使い込まれた阪神なので何とかならないか

仮に馬場が速くても、テーオーロイヤルの方が上がりは速い

ゴールドシップ=ディープボンドを追い詰める

 

これだけでは少し心許ないので、

尼崎ステークス

テーオーロイヤル 55㎏ 2:24.9-34.4(前半61.1)

神戸新聞杯

ゴールドシップ 56.㎏ 2:25.2-34.5(前半60.7)

キセキ 56㎏ 2:24.9-33.9(前半61.4)

施行時期は違えど、後の菊花賞馬と大差ないタイム

兵庫特別でマカオンドールを寄せ付けず

阪神大賞典で③着以上に来ていた可能性あり

 

菊花賞馬と古豪を倒すのは新星!

桜花賞 予想 ◎アルーリングウェイ ソダシのように、3冠馬と同じく駆け抜ける

春のGⅠが連続して波乱決着、ここも可能性あり

エフフォーリアの敗退はショックですね、

あそこまで走らないとは

気を取り直して、今週は穴を狙ってみたい

 

[上位人気]

ナミュール、サークルオブライフ、ウォーターナビレラ、

の3頭が人気です

阪神ジュベナイルフィリーズ①~⑤着が揃って出走

チューリップ賞 1:33.2-33.9

同日 未勝利 1:33.3-34.1

新馬勝ちのピンハイが②着に来たのをやっと理解

割って入られたのに疑問符が付きます

 

阪神ジュベナイルフィリーズ 1:33.8-33.9

次週 甲東特別 1:34.0-33.6

2勝クラス並みの決着

チューリップ賞から、春を迎えてそこまで急激に成長していない可能性

トライアルでいい走りをした馬をピックアップしたい

 

[桜花賞高速化]

ソダシ 1:31.1-33.8

グランアレグリア 1:32.7-33.3

アーモンドアイ  1:33.1-33.2 

去年、急激にタイムが速くなって驚きました

追い込んできたサトノレイナスを褒めるしかない

自分の中で、高速馬場の場合は200ⅿ短い距離と考えるので、

今年は1400ⅿのレースと想定して予想したい

 

ソダシ:クロフネ

サトノレイナス:NotForSale

ファインルージュ:ボストンハーバー

 

グランアレグリアTapit 

クロノジェネシスクロフネ 

 

ラッキーライラック :FlowerAlley

リリーノーブル:クロフネ

高速馬場にはアメリカ血統、クロフネ特注ですね

 

[注目馬]

アルーリングウェイ

ジャスタウェイ+フレンチデピュティ

米国持ち、特注フレンチデピュティ

 

エルフィンステークス 1:34.0-34.8

シンザン記念 マテンロウオリオン 1:34.1-34.9

万両賞 1:21.9 で負けたマテンロウオリオンとほぼ同じ時計

次の日 猪名川特別 1:21.7 2勝クラス並み

新馬 1:09.5 

さざんか賞 1:09.8

やはり好素材、トライアル回避しましたが問題ない

CWで好時計

最近は、コース追いが結構来ている

1200-1400-1600と距離の幅は広い

 

[アネモネステークス]

ここ10年で馬券内に来てません

クロスマジェスティ 1:34.4-34.5 

東風ステークス 1:34.1-34.1

休み明けで快勝、輸送は栗東留学でケア、上積みあり

ディーマジェスティ+カリズマティック

米国持ち

マイル4戦、上がりが速いと厳しくなるかも

 

ラズベリームース

こちらも休み明け、+16㎏で②着

ワイルドラズベリー+ルーラーシップ、良血です

こちらもマイル3連対

ニシノラブウインクを東京で負かしています、0.4差

ニシノラブウインクは未勝利でサークルオブライフと、0.4差

やはり能力はある

敵は輸送か

 

[フィリーズレビュー]

サブライムアンセム 1:19.9-34.2

ナムラクレアが坂路で鬼時計だったので、確勝と思いきや

内から抜け出し追いつかせなかった

この時計で走ったというのが強さの証明か

斑鳩ステークス 1:20.4- 34.3

3勝クラスより速く、かなりの好時計

フィリーズレビューまではそこまで強さを感じさせずで、

ロードカナロアのなせる業か

未勝利をマイルで勝っているので距離は問題なし

坂路でまずまず

マイルでキレを見せれるか

 

外を回して届かずだった、ナムラクレア 

ミッキーアイル+Storm Cat

2勝しているのが1200ⅿというスプリンター

マイルに関しては、こなせるが延びる分キレない

1週前にCWで好時計、最終もいい追い切りができれば

 

今週からBコース、内寄りの芝がカバーされる

去年同様に、前・内有利になる

内々を器用に立ち回るためにも、内枠が欲しい

 

大阪杯 ◎ジャックドール さあ同期の年度代表馬を撃破してグランプリへ

日曜日は、曇のち雨、降水確率60%

影響は少なそう、先週日曜日と変わらないか

若干、外が差しやすそうでしたが、

29日(火曜)芝刈り、クッション値は+0.2

明日は馬場チェック

 

[馬場予測]

六甲ステークスの時計、前半ペース想定から、

2017 キタサンブラック牡51:58.9-34.3

2011 ヒルノダムール牡4 1:57.8-34.4

の2レースを参考にしたい

 

キタサンブラック有馬記念②着 2:32.6-35.8

エフフォーリア  2:32.0-35.9

位置取りからサトノダイヤモンドぐらいの追走、

長くいい脚を使う

2017 前半59.6 上がり12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

エフフォーリアが勝つならこのパターン、底力勝負

残り800ⅿから捕まえにいくだけ

Wで1週前ビッシリ、当週もしっかり、

有馬記念より上という評価はまさしく

 

2011 キャプテントゥーレが逃げる

前半59.3 上がり11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.8 - 12.2

ジャックドールの金鯱賞

前半59.3 上がり11.7 - 11.6 - 11.0 - 11.3 - 12.3

中京競馬場は、道中のラップの緩いため、上がりが速くなりやすい

どちらかというよりは持続力

阪神では、中盤の底力が問われますが、

金鯱賞の上がり3Fと、最後余裕に見えた

Wで当週、ラスト10.8

キャプテントゥーレと同じ内枠、コーナーでクルっと回って、坂で突き放す

 

[ヒルノダムール]

高速馬場までいかない、2011想定ペースで、

強気な武史Jエフフォーリアが捕まえにいくとなると、

かなりの激烈ペースになるはず

 

ヒルノダムール

マンハッタンカフェ+ラムタラ

次走、天皇賞(春)(G1)①着

ダークシャドウ

ダンスインザダーク+Private Account

超レコード、天皇賞(秋)(G1)②着

エイシンフラッシュ

キングズベスト+プラティニ

ダービー馬、次走、天皇賞(春)(G1)②着

ダノンシャンティ

フジキセキ+Mark of Esteem

NHKマイルカップレコード

最後方から上がり33.6

 

スピードだけでは走り切れない

血統から菊花賞馬、ドイツ血統や欧州血統

長距離を走る素質とレコードを持つようなGⅠ活躍馬

2強に割って入れるのはそういう差し馬か

 

[差し馬]

ヒシイグアス

ハーツクライ産駒、母母父欧州

中山記念、レコードタイ

天皇賞(秋)は休み明け+大外枠で⑤着

能力は香港カップで示せたのでは、

ラヴズオンリーユーがいれば人気なはず

香港カップよりいい様子、去年②着の池添J

 

アカイイト

キズナ+シンボリクリスエス

エリザベス女王杯は強い競馬

タフな馬場だったので、宝塚記念で狙いたかったですが、

金鯱賞で、速い馬場でそこそこ位置を取って好走

阪神内回り2勝、

負けたレースも1:58.7で走ってます

坂路で1週前にビッシリ、当週軽め

ジャックドール共々同じような枠で、同じように追い掛ける

ドバイワールドカップデー 日本馬勝ち越せるか

[ドバイターフ]

◎シュネルマイスター

NHKマイルカップ勝ち馬、古馬GⅠで善戦

1800ⅿも毎日王冠でクリア

 

〇ロードノース

昨年の覇者、その後は長期離脱

ヴァンドギャルドとの着差をみると、シュネルマイスターと肉薄

英G3ウィンターダービーで一叩き、アレンカーから2馬身半差の2着

 

今回は、中山記念で大逃げ圧勝のパンサラッサが出走

直線が450ⅿのメイダン、東京競馬場に似ているイメージ

過去の好走馬も、リアルスティールヴィブロス、アーモンドアイ

差してこれる馬が中心で、粘れるか

 

△サフロンビーチ

英G1サンチャリオットステークスでマザーアースに3馬身差

マザーアースは香港マイルでサリオスから2・1/2馬身差で、

ヴァンドギャルドには先着してます

 

米G1ペガサスワールドCターフを連覇の、カーネルリアム

こちらも使っての上昇が見込まれる

ガルフストリームパーク

内周に芝コース、京都競馬場の芝内回りコースの左周り1周してくるイメージ

小回りでのアメリカ競馬で、ここに向くかですね

 

×アルファリーク

前哨戦のジェベルハッタ勝ちの、地元馬

今回も同じ内枠なら狙いたい

 

[ドバイシーマクラシック]

日本馬5頭出走でかなり豪華なメンバー

レース自体は、ジェンティルドンナのみ優勝

結構苦戦しているイメージです

去年も、日本を代表する名牝クロノジェネシスとラブズオンリーユーが

僅差といえども外から差されている

直線は450m、阪神外回り並み、

それを4コーナーから仕掛けていくのでかなり長い脚が要求されるか

ジェンティルドンナ阪神の外回りで3勝してますし、

レーススタイルも捻じ伏せるようなスタイルだったので、

そういったタイプが狙える

 

ジャパンカップ

オーソリティ牡4 57㎏ルメJ 2:25.0-34.4

シャフリヤール牡3 55㎏川田J 2:25.2-34.4

ユーバーレーベン牝3 53㎏デムJ 2:25.5-34.2

 

香港ヴァーズ

グローリーヴェイズ牡6 57㎏モレイラJ 2:27.0

パイルドライヴァー牡4 57㎏ドワイヤーJ 2:27.2

 

米G1ブリーダーズカップターフ勝ち馬、地元馬ユビアー

ブルームと1/2差

ブルームはディープボンドとフォワ賞で1 1/2差

ユビアーはディープボンド差しバージョン

有馬記念

ディープボンド牡4 57㎏和田J 2:32.1-36.1

ステラヴェローチェ牡3 55㎏デムJ 2:32.3-35.9

 

日本馬で長くいい脚なのは、ステラヴェローチェかな

何と言っても去年のベストレースは有馬記念

エフフォーリアをマークして外から負かしに行っていたので、

先着されたのは内枠のディープボンドと、

仕掛けを遅らせたクロノジェネシス

クロノジェネシスドバイシーマクラシックで②着なので、

勝ち負けできる力はあるはず

オーソリティは長くいい脚使いますが押し切れるか

シャフリヤールはどちらかというとキレ味

グローリーヴェイズは右回りの方がいい

好調デムーロJが差し切る

 

[ドバイワールドカップ]

今年はアメリカが強そうです

米G1ブリーダーズカップダートマイル、ペガサスワールドCを圧勝で連勝中の

◎ライフイズグッド

すんなり逃げられれば距離延長も問題ないかも

サウジカップもハイペースだったみたいですが、

この馬ならそのまま押し切っている可能性大

 

△ホットロッドチャーリー

前哨戦のアル・マクトゥームチャレンジ ラウンド2を勝って出走

ペガサスワールドC②着のニックスゴーにブリーダーズカップクラシック

米G1ペンシルベニアダービーでミッドナイトバーボンを負かしています

2頭ともにエッセンシャルクオリティに負けています

 

△ミッドナイトバーボン

サウジカップで③着好走

 

△カントリーグラマー

サウジカップ、ミッドナイトバーボンと同じような位置で競馬して②着

こちらは休み明けだったのでその分有利か

 

去年②着のチュウワウィザード

サウジカップでテーオーケインズがついていけなかった相手がさらに強化

ミスティックガイドが米G2・3までの馬

やり合ってる馬がニックスゴーに負かされている

無双に期待するしかないか

 

[ドバイゴールデンシャヒーン]

アメリカ馬が4連勝中です

アメリカの馬は3頭、相手で買えばいい

〇レッドルゼル

去年、追い込んで②着

残り400ⅿ、直線を目一杯使っていい脚でした

去年より、実績を詰んで、フェブラリーステークスからの臨戦

直線楽しめそうです

 

アメリカの馬その1

ドクターシーヴェル

米G1ブリーダーズカップスプリント②着 1.08.4

外から勝ちに行くも差される

 

アメリカの馬その2

ドレインザクロック

ブリーダーズカップスプリントで1人気のジャッキーズウォリアーを

芝1400ⅿのG1で負かしている

前2戦を、1.08.6-8で走破

 

アメリカの馬その3

ワンダーホウェアクレイグイズ

G3ボールドルーラーH、逃げ切り勝ち

4走前、1.09.5で走破

 

逃げるアメリカ、追う無双

高松宮記念 〇レシステンシア スプリントGⅠ初制覇なるか、敵は雨か

[道悪競馬]

週末は、

土:曇一時雨 90%

日:曇時々雨 80%

結構降りそうです

過去10年を見ても、雨の年が多い

重馬場で予想したい

 

先週の結果を見ると、内が伸びる

1200、1400、1400、と3レースありましたが、

内で追走していた馬が逃げ馬の外に持ち出して勝利

Bコースに変更になっても内が有利になりそうな予感

 

2021 ⑭ダノンスマッシュ 牡6 川田J 1:09.2-34.3

2020 ⑯モズスーパーフレア 牝5 松若J 1:08.7-34.5

2017 ⑥セイウンコウセイ 牡4 幸J 1:08.7-34.5

2015 ④エアロヴェロシティ セ7  パー トンJ 1:08.5-34.3

直線で外目のラインに出せる先行馬が基本的には有利、

馬場の悪い内に突っ込むか、問答無用で逃げるのも手

去年くらいの時計になれば差しも来れるが、

他の3レースのように、先行して34.5で上がられたら差せない

となると、レシステンシアは去年は負けて強し、

当日の馬場の回復がよければ有利になる、有力

1週前、坂路で鬼時計

武史J、逃げるかも

この馬を負かせそうなのを探すしかない

 

[逆転候補]

グレナディアガーズ

朝日杯フューチュリティステークス勝ち馬

前進気勢が強いため、マイルで力が出せない

NHKマイル、前半33.7を楽々追走もゴールまで持たず③着

マイルチャンピオンシップ、前半35.6でかかって直線脱落惨敗

阪神カップ、前半34.3後方追走で直線爆発上がり34.0

折り合い面で前半は速い方がよく、マイルは長い

1400ⅿがベストでしょうが、高松宮記念阪神1400と相性がいい

未勝利 1:20.4-34.3 前半34.1

いい意味で成長はしていないが、能力はある

前半34.3-後半34.0 1.08.3

稍重ぐらいなら何とかなる

1週前、CWでいい走り

マイスターとのコンビで中京で勝利を目指す

 

ダイアトニック

長らく低迷、前走で復活

岩田再生工場で立て直されましたね

クリノガウディーの斜行がなければ勝っていた高松宮記念

今回、想定される重馬場で対応しています

2020と同じ、ローテーション

1週前、坂路で好時計

2017、レッツゴードンキで内を突いた、

好調岩田Jとともに今度こそか

 

トゥラヴェスーラ

休み明けでダイアトニックを追い詰めた前走

去年、④着、レシステンシアとは0.2差

雨予報は吉報、叩いて上昇期待してしまう

ドリームジャーニー+アドマイヤコジーン

血統が渋いです

アドマイヤコジーン高松宮記念②着あります

ジーン産駒といえば、エイシンバーリン、スプリンター

父・母父ともに朝日杯勝ち馬にして、低迷期間を経て成長し、

古馬G1をもぎ取った成長型

トゥラヴェスーラも7歳にしてノーザンテーストの血が騒ぐか

1週前、坂路で好時計

得意の左周り、レシステンシアを今年もマークして進めてほしい

 

ロータスランド

前走で望来Jの初重賞制覇に貢献

去年の夏からマイル路線で善戦、再度G1挑戦

京都牝馬ステークス 1:19.7-33.8 前半34.2

着差こそわずかですが、1200通過が1.07.6

去年のレシステンシアを思わせる

3連勝した時が、稍重稍重・重

2歳時に不良で②着もある、馬場不問です

左周りも関屋記念で勝利

1週前、CWでいい走り

イメージ的には2017・2015に近い、勢いそのままに望来Jと初GⅠ制覇か