ダートには金が埋まっている

競馬場に初めて行ったのはダンスインザダークの菊花賞。そこから競馬にはまり、タイム~ラップ~外厩~指数~調教~血統を活用。最終的に京都1800ダートで育ったといっていい私はダートに特化するようになりました。一番好物なのは今では中山1800ダートですが、年間通してダートを攻略して行きます。地方競馬も、南関東を中心に特化していけたらと思っています。それらのダートに埋まった金を掘り起こして、幸せになれるように頑張ります!

大阪杯 予想 ◎レイパパレ ディープインパクト3頭に対決だ!

GⅠになって、今年で5回目、春の中距離王決定戦。

今週も日曜の天気が怪しいです、降水確率80%。

結局、高松宮記念も紛れず人気馬決着。

今週も2頭で決まってしまうのか😅

 

[傾向]

この距離なので、ディープインパクトが強い。

ステファノスワグネリアンアルアイン、ダノンキングリー好走。

 

最近、ぶっつけはトレンドですが、有馬記念神戸新聞杯からも好走。

金鯱賞中山記念京都記念ステップも好走。

あまり仕上がっていれば関係なさそうです。

 

1人気はGⅡ時代から強いです。

今回は、3冠馬コントレイルになりそうです。

 

スピードがいるので、やはり4・5歳馬が強いです。

2強の勝ち負けになるか。

 

[2強対決]

基本的に2強並び立たずが持論としてあるので、

コントレイルとグランアレグリアの2択にはなりそうです。

コントレイル

 ジャパンカップ 2:23.2上がり34.3 アーモンドアイ0.2差

 3・4・5着馬が、馬場や展開とはいえ敗退、レベルに疑問。

 菊花賞 3:05.5上がり35.2 

 ディープボンドの圧勝を見ると、余程アシストされていたのでは。

 神戸新聞杯 2:12.5上がり35.6

 ヴェルトライゼンデとの差を見ると、アリストテレスと同じぐらいか。

 どうしてもクラシックはいろんな競馬場や距離を走るので、

 能力把握が難しいです。

グランアレグリア

 マイルチャンピオンシップ 12.0 - 11.6 - 11.0 - 10.8 - 11.7 

 後半1000:57.1 4F:45.1 上がり33.2

 スプリンターズステークス 10.1 - 10.8 - 11.5 - 11.9 - 12.1

 後半1000:56.4 4F:46.3 上がり33.6

 安田記念 11.5 - 11.6 - 11.4 - 11.0 - 11.9

 後半1000:57.4 4F:45.9 上がり33.7

 阪神カップ 11.1 - 11.3 - 11.4 - 11.3 - 11.5

 後半1000:56.6 4F:45.5 上がり33.5

 逆に、こちらはわかりやすく、阪神カップから後半特化型にシフトか。

 とにかく、競馬場関係なしにいい脚を使って勝ってます。

 安田記念でアーモンドアイより前で競馬して、上がりも上回るのですから。

 秋の天皇賞に出したかったというのもわかります。

となると、コントレイル < グランアレグリア なります。

後は距離ですが、走ってないのでそれはわからないです。 

ただ、1200ⅿは向いていない。

スプリンターズステークスは外差し馬場だったので差し切れました。

マイルチャンピオンシップはスローペースでもキレてましたので、

1800ⅿくらいはいけるはず、後は差しがきく馬場なら何とかなるか😙

 

[割って入るのは]

底を見せていないのは、サリオス、レイパパレになります。

サリオスは、コントレイルに2戦2敗。

皐月賞では肉薄しましたので、この距離だと戦える余地はあり。

マイルチャンピオンシップは、後手後手で最後は来てました。

相手筆頭ではありますが、2強には分が悪そうです。

 

面白いのは、レイパパレの方かもしれません。

前走 1:59.9上がり34.4 スローペースを先行押し切り

 600ⅿ-400ⅿで持ったまま11.1なので結構強い競馬だったのでは。

 大阪杯、良馬場の3年が 1:58.2~1.58.9 なので時計1つは詰める必要あり。

大原ステークス 1:46.3上がり35.0 52㎏ 大外を持ったまま圧勝

デアリングタクト 2:00.6上がり35.8 55㎏ ゆるんだ12.7を引くと1.47.9

 斤量差と内・外回りと条件は違えど、3冠牝馬と並ぶのでは。

デアリングタクト、ジャパンカップではコントレイルに直線で寄られていなければ、

もっと競っていた可能性があるので、ほぼ互角か。

となると、コントレイル = レイパパレ の図式になる😁